枚方 樟葉(くずは) 八幡 その痛み諦めないで

頸・肩

頸・肩の病気と症状

頸・肩のこり・痛み、頸肩腕症候群、頸部椎間板ヘルニア、変形性頸椎症、胸郭出口症候群、寝違え、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、腱板炎、むちうち症(頸椎捻挫)、上腕二頭筋長頭腱炎、等これらの疾患に伴う症状の緩和

※効果には個人差があります。

四十肩・五十肩

十肩、五十肩とは中年以降に発症する肩関節の周りに起こる炎症のことを、四十肩、五十肩といいます。初期には肩関節の重圧感、疼痛、しだいに運動したときに痛みがおこり、だんだん運動障害が増してゆき、放置しておくと腕をもちあげることも、後にまわすこともできなくなります。

寝違い

寝違えとは朝起きたら何か首が痛い・・・。前日の睡眠中に不自然な姿勢をとっていたり、運動不足で首の筋肉を鍛えておかないと起きやすい症状です。

むちうち

ムチウチとは交通事故などの追突で、予想も出来ず、後ろからの衝撃が首を前後に強く振られ発生する症状です。

しびれ

しびれとは、何らかの原因により感覚の神経が障害されたために起こるものです。肩がしびれるのは頚椎が損傷、もしくは、変形している可能性が考えられます。

頸肩腕症候群

首筋から肩・腕にかけての異常を主訴とする整形外科的症候群の一つである。肩腕症候群(けんわんしょうこうぐん)、頸腕症候群(けいわんしょうこうぐん)などともいう。

変形性頸椎症

椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのようなはたらきをしますが、加齢とともに変性してその弾力性が失われ、クッション作用が弱くなります。その結果、椎骨同士がぶつかったり椎間関節がすり減ったりすると、椎骨は刺激されて骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の突出ができたり、椎骨の並びにずれが生じて変形します。これが変形性頸椎症です。

胸郭出口症候群

鎖骨(さこつ)周辺で腕神経叢(わんしんけいそう)という腕や手指に行く末梢神経の束が、腕や手指に行く鎖骨下動脈や鎖骨下静脈という血管とともに圧迫されて起こる病気です。
 心臓から続く血管が、胸郭を出た所で神経とともに圧迫されるので、この名称があります。
 首や肩・腕を特定の位置にもっていくと、腕や手指にしびれやだるさ、痛みなどが現れます。首が長く、なで肩の女性に多く、20代にピークがあります。

腱板炎

腕を頭より高く上げる動作を繰り返すと、上腕骨の上端が肩の関節や腱の一部とすれ合うため、腱の線維に微小な断裂を生じます。痛みがあってもその動作を続ければ、腱が断裂してしまったり、腱の付着部位の骨がはがれてしまう(剥離骨折)ことがあります。

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋(力こぶの筋肉)は文字通り長頭筋、短頭筋の二頭で構成されています。短頭が肩甲骨の烏口突起【うこうとっき】という部分の先端からほぼまっすぐ下行しているのに対して、長頭腱は関節内を上腕骨に沿って走行し、そこからほぼ90°方向を変えて結節間溝【けっせつかんこう】と呼ばれる上腕骨頭の溝を通って上腕二頭筋へと繋がります。この走行からもわかるように構造上、上腕二頭筋長頭腱は絶えず上腕骨頭からの断続的な刺激や圧迫を受けていて、投球動作やテニスのスマッシュ、バレーのアタックなど肩の繰り返し動作では炎症を起こしやすくなります。

powered by HAIK 7.3.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional