枚方 樟葉(くずは) 八幡 その痛み諦めないで

頭・顔

頭・顔の病気と症状

頭痛、頭重、後頭神経痛、顔面神経麻痺、顔面のけいれん(まぶたがピクピクするなど)、三叉神経痛、顎関節症、等これらの疾患に伴う症状の緩和

※効果には個人差があります。

顔面けいれん

疲れた時などに目尻が時々ピクピクすることは、誰しも経験することですが、これが持続する状態が顔面けいれんです。多くは目のまわりの筋肉のけいれんから始まり、徐々に頬・口の周りの筋肉もけいれんするようになります。通常、顔面の片側に起こりますので、片側顔面けいれんと呼ばれます。片側顔面けいれんは、頭蓋内で顔面神経が脳幹から出た直後で、血管で圧迫されることで引き起こされます。

 頭痛

頭痛とは、頭部に感じる痛みのうち、表面痛でないもの。様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状がある。

後頭神経痛

後頭神経痛とは、急に耳の後ろや後頭部が「キリキリ」と痛くなる頭痛です。左右いずれかのこともありますが、後頭部全体が痛くなることもあります。肩こりや耳鳴り、急に頭を動かした時にめまいを伴うこともあります。首の付け根から突き上げられるように痛みが上がる首痛です。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は、顔面神経によって支配されている顔面筋の運動麻痺です。急性あるいは亜急性に発症します。原因疾患が明らかな症候性(しょうこうせい)顔面麻痺と、明らかな原因が不明な特発性(とくはつせい)顔面神経麻痺(ベル麻痺)とに分けられます。

顔面のけいれん

自分の意思とは関係なくピクピク動いてしまう病気です。片側の眼のまわりの軽いピクピクした動きから始まり、次第に額、口へと広がります。また緊張するとけいれんが強くなります。中高年の女性に多くみられます。

三叉神経痛

顔面の知覚神経である三叉神経に起こる神経痛である。

顎関節症

顎関節部や咀嚼筋等の疼痛、関節音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれる。

powered by HAIK 7.3.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional