枚方 樟葉(くずは) 八幡 その痛み諦めないで

腰部

腰の病気と症状

腰痛、変形性腰椎症、腰部椎間板ヘルニア、ギックリ腰、梨状筋症候群、脊椎分離症、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、変形性股関節症、等、これらの疾患に伴う症状の緩和

※効果には個人差があります。

腰痛

腰痛には筋肉由来の緊張性腰痛と、鈍い痛みを伴う慢性の腰痛があります。
筋肉を原因とした緊張性腰痛(筋筋膜性腰痛)は長時間同じ姿勢を続けるなど、過度なストレスを強いられ筋肉が緊張することで引き起こされます。
慢性型腰痛は、腰に日常的に継続した鈍い痛みのあるものです。

ギックリ腰

ギックリとは何かのきっかけで急激に発症した腰痛のことです。医学的な診断名ではなく、一般的な名称です。

変形性腰椎症

腰椎は、背骨のうちで腰の部分を構成する骨で、5つの椎骨(ついこつ)からなります。上から第1腰椎、第2腰椎と呼び、いちばん下が第5腰椎です。それぞれの間には椎間板(ついかんばん)が挟まっていて、クッションのようなはたらきをします。年をとると椎間板が変性して、その弾力性が失われ、クッション作用が弱くなります。
 その結果、椎骨同士がぶつかったり、椎間関節がすり減ったりすると、椎骨は刺激されて骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の突出ができたり、椎骨の並びにずれが生じて変形します。これが変形性腰椎症です

腰部椎間板ヘルニア

椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態である。
椎体と椎体の間には人体最大の無血管領域と呼ばれる椎間板が存在している。椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から成る。この髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアである。

梨状筋症候群

お尻の奥に梨状筋(りじょうきん)という筋肉があるのですが、坐骨神経が骨盤から足先へ行く際に骨盤の出口に存在する梨状筋と言う筋肉や腱によって坐骨神経が圧迫されて起こる痛みの事を梨状筋症候群と言います。

脊椎分離症

腰椎の椎弓の上下関節突起部分が断裂した状態で、主に第4腰椎と第5腰椎に起こります。
分離した腰椎と、その上の腰椎の連結がなくなって不安定になり、周辺のじん帯や筋肉に負担がかかります。

脊椎すべり症

腰椎の位置がずれたものをいいます。腰椎が不安定になって、神経を刺激して腰痛の原因になることがあります。

脊柱管狭窄症

脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する疾患。

powered by HAIK 7.3.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional