枚方 樟葉(くずは) 八幡 その痛み諦めないで

腎臓・泌尿器系

腎臓・泌尿器系の病気と症状

むくみ、腎臓病、膀胱炎、尿道炎、頻尿、尿の出が悪い、等これらの疾患に伴う症状の緩和

※効果には個人差があります。

むくみ

血液中の水分が血管のなかから外ににじみ出し、異常に増加した状態で、「浮腫(ふしゅ)」ともいいます。おでこやすねなど、すぐ下に骨があるところを数秒間押して放すと、ペコッとへこんでしばらく元にもどらないなら、むくみと考えられます。

腎臓病

メジャーな腎臓病を大きく分類しますと、「腎炎」、「ネフロ-ゼ症候群」「慢性腎不全」などように腎臓内科や小児科で扱う病気と、「腎癌」や「腎結石」などの泌尿器科で扱う
病気に分けるとができます。

膀胱炎

急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、非細菌性慢性膀胱炎もある。

尿道炎

尿道炎は主に男性尿道炎を意味し、その多くは性感染症(せいかんせんしょう)に伴う場合がほとんどです。女性の場合は、膀胱炎(ぼうこうえん)から炎症が波及した場合に起こり、臨床的には女性尿道炎を単独で診断することはありません。

頻尿

 いろいろな原因で尿の回数が増えてきた状態を頻尿といいますが、昼間に8回以上、夜間睡眠時に3回以上、合計で一日8~10回以上トイレに行く時は頻尿といえるでしょう。

powered by HAIK 7.3.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional