枚方 樟葉(くずは) 八幡 その痛み諦めないで

胸・呼吸器

胸・呼吸器の病気と症状

動悸、息切れ、呼吸が苦しい、過換気症候群、胸の痛み、肋間神経痛、咳、痰、熱のない風邪症状、慢性気管支炎、喘息、しゃっくり、等これらの疾患に伴う症状の緩和

※効果には個人差があります。

動悸・息切れ

動悸とは、心臓の拍動を異常に強く感じる状態をいいます。また、呼吸をしにくく感じたり、息をするのに苦痛を感じたりするのを、息切れ、呼吸困難といいます。病気が原因となる場合と運動不足、肥満、疲労、睡眠不足が原因となる場合もあります。

過換気症候群

過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)とは、精神的な不安によって過呼吸になり、その結果、手足や唇の痺れや動悸、目眩等の症状が引き起こされる心身症の一つです。一般に過呼吸と称されるものとの違いは原因が「精神的な不安」にあります。

胸の痛み

言で胸の痛みといいましても、様々な原因が考えられます。には心臓、大動脈、肺、食道、胸壁があり、これらすべてが痛みの原因となり得ます。また、疲労やストレス、生活習慣などが原因の場合も多々あります。

肋間神経痛

ろっ骨に沿って走る神経が何らかの原因で痛む症状のこと。その原因は不明なものが多いが、中年以降に多く見られる症状である。あくまで症状であり、病名ではない。

慢性気管支炎

痰・咳が2年以上連続し、毎年3ヶ月以上継続するものを指す。慢性閉塞性肺疾患(COPD)に含まれる。が肺結核、肺化膿症、気管支喘息、気管支拡張症等の肺・心疾患を伴うものは除外する。また男性に多く、冬期に増加する傾向がある。進行そのものは緩慢で適切な治療を行えば問題は無いが、放置すると肺性心へ進行する事も多いので注意が必要である。

喘息

アレルギー反応や細菌・ウイルス感染などが発端となった気管支の炎症が慢性化することで気道過敏性の亢進、可逆性の気道狭窄をおこし、発作的な喘鳴、咳などの症状をきたす呼吸器疾患である。

powered by HAIK 7.3.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional