枚方 樟葉(くずは) 八幡 その痛み諦めないで

子供

子供の病気と症状

夜泣き、疳の虫、夜尿症、小児喘息、等これらの疾患に伴う症状の緩和

※効果には個人差があります。

夜泣き

よく眠っていた赤ん坊が、はっきりした原因(空腹・おむつが濡れている・部屋が暑すぎる・寒すぎるなど)がないのに、夜中に起きて激しく泣く場合があり、これを夜泣きと呼びます。

夜尿症

夜尿症(やにょうしょう)とは、概ね5、6歳を過ぎても継続的に夜尿(睡眠中に無意識に排尿してしまう行為)がある状況を指します。5、6歳に達していない場合や、継続的でない場合は、寝小便(ねしょうべん)、またはおねしょと呼ばれます。

疳の虫

乳児の異常行動を指していう俗称。特に夜泣き、かんしゃく、ひきつけなどを指す

小児喘息

成長とともに軽快する場合が殆どである。まれに成人喘息に移行する場合がある。小児喘息の既往があったとしても、成人喘息患者のような薬物の制限はない。小児期に喘鳴が認められる場合はウイルス感染、アレルギー、異物の可能性がある。

powered by HAIK 7.3.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional